Homebrew?rbenv?gem?コイツらが何者なのかまとめて解説

むね
どうもーむね(@mune_actor_en)です!
  • Homebrewって何?
  • rbenvって何?
  • gemって何?
  • どんなコマンドがあるの?

こんな疑問を解決する内容になっています。

当記事を読むメリット
  • 「Homebrew」「rbenv」「gem」の全体的なイメージをつかめる
  • 実行内容とコマンドが簡潔に書いてあるので理解しやすい
  • よく見かけるコマンドばかりなのですぐに自分で試せる

「よくわからないけど、コピペしたコマンドを実行したら動いた!」

というのは、多くの方が経験しているんじゃないでしょうか。

わからないままコマンドを実行すると、思わぬ不具合になってしまうことがあるので、

当記事でざっくりとポイントをおさえておきましょう。

記事の流れ
  • Homebrewを解説して、コマンドを紹介
  • rbenvを解説して、コマンドを紹介
  • gemとbundlerを解説して、コマンドを紹介

といったシンプルな内容なので、3分ほどですぐ読み終われますよ。

Homebrewとは?

一言でいうと、「macOSのパッケージ管理システム」です。

もう少しわかりやすく解説すると、

「コマンド入力で簡単にソフトウェアをインストール、アップデートする手間を簡単にしてくれるシステムのこと」です。

つまり、WindowsのPCを使っている方にはあまり触れる機会がないものですね。

コマンド

Homebrewで使われるコマンドの一部を紹介します。

  • バージョンを確認する
  • インストール済みのパッケージ一覧を表示する
  • Homebrewで使用できるパッケージの検索をする(指定しない場合は全検索が可能)
  • パッケージをインストールする
  • パッケージを更新する

rbenvとは?

一言でいうと、「Rubyのバージョン管理をしてくれるツール」です。

具体的な例を挙げると、

「こっちの開発は2.5.7バージョンのRubyを使っているけど、これから始める開発は最新バージョンで開発したいから2.6.5バージョンにしよう」

といった具合にバージョン管理を簡単にしてくれるんです。

コマンド

rbenvで使われるコマンドの一部を紹介します。

  • rbenvのバージョンを確認する
  • Homebrewでrbenvをインストールする
  • Rubyをインストールする
  • Rubyのバージョンを指定してインストールする(例:2.6.5のバージョンを指定する)
  • インストール可能なRubyのバージョンを表示する
  • インストール済みのRubyのバージョン一覧を表示する
  • カレントディレクトリ(現在の場所のフォルダ)で有効なRubyのバージョンを表示する
  • 環境全体にRubyのバージョン指定する(例:2.6.5のバージョンを指定する)
  • ディレクトリにRubyのバージョン指定する(例:2.5.7のバージョンを指定する)
  • rbenvのコマンド一覧を表示する

gemとは?

一言でいうと、「Rubyで使えるライブラリ(パッケージ)のこと」です。

RubyGemsというパッケージ管理システムがgemを管理しています。

bundlerって何?

gemを利用する上で、よく登場するのが「bundler」です。

bunderとは「gemのバージョン違いによる互換性を保って管理してくれる」ものですが、
このbundler自体もgemの一つになっています。

bunderを使ってgemを管理する場合、知っておきたいのが、「Gemfile」「Gemfile.lock」です。

Gemfileとは「インストールするgem名とバージョンを記述するテキストファイルのこと」で、
Gemfile.lockとは「インストールされたgem名とバージョンが記述されているテキストファイルのこと」です。

なんだかややこしい感じがしますね。もう少し詳しく説明すると、

Gemfileは初めてインストールするgemを記述するテキストファイル、

Gemfile.lockは一度インストールしたことのあるgemが記述され、今後アップデートする度に読み込まれるテキストファイルです。

bundlerを使ってgemをインストールしたりアップデートしたりする機会は多いので、今完全にわからなくても大丈夫ですよ。

コマンド

gemとbundleのコマンドの一部を紹介します。

  • gemのインストール(指定したgemに必要なgemも自動でインストールしてくれる)
  • インストール済みのgemの一覧を表示する
  • アップデートが必要なgemの一覧を確認する
  • インストール済みのgemをアップデートする(全て)
  • インストール済みのgemをアップデートする(指定)
  • 該当のgemの使い方を確認する
  • 該当のgemの仕様を確認する
  • gemのバージョン違いによる互換性を考慮して、プログラムを実行する

まとめ

Homebrewのコマンド、rbenvのコマンド、gem・bundlerのコマンドはよく登場するので、

それぞれの役割をわかっていないと混乱してしまう初心者の方は多いのではないでしょうか。

簡潔にまとめると、

まとめ
  • Homebrewとは、macOSのパッケージ管理システムのこと
  • rbenvとは、Rubyのバージョン管理をしてくれるツールのこと
  • gemとは、Rubyで使えるライブラリ(パッケージ)のこと
それぞれがどんな役割なのか把握しておくと、エラーが発生したときに問題の切り分けがしやすくなります。

ざっくりと全体像がわかれば後は知識を深堀りできるので、当記事がきっかけになっていただけたら嬉しいです。

むね

以上、

「Homebrew?rbenv?gem?コイツらが何者なのかまとめて解説」

をお送りしましたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

どうもーむね(@mune92283498)です! 大卒→医療事務1年8ヶ月→都心で1年6ヶ月役者→営業を1年8ヶ月→全くの未経験でIT系へ転職。プログラマー1年目。 大切な人からの言葉は、「あんた崖っぷち1mやで」 【やれなかった後悔よりもやった後悔】 だって、全部経験値になって自分を作ってくれるから。